不妊治療は病院で検査が必要~不妊の悩みサクサク解決~

Doctor

妊娠を望める環境へ

PC

名古屋でも、結婚して数年経つのになかなか子どもができないといった相談が多くなってきました。不妊治療で名古屋へ通院される方も多くなりました。また、不妊治療についてのお問い合わせをする人も多くなっています。心から子どもを望んでいるけどなかなか妊娠できない方にとって、「子どもはまだなのか」という何気ない一言は、ともて辛く傷つくものです。定義として、一般的に避妊をしない状態で1年以上子どもができない場合は不妊症と言われています。一般的な病気の場合、症状によって検査を受け原因を突き止めます。その原因を元に診断を行い、診断に従い治療を開始します。しかし不妊症はお腹が痛い、というような痛みはなく、検査によって解明することも少ないため原因の特定が困難なこともあります。不妊でお悩みの方は、名古屋の婦人科でまず検査を受け、不妊治療を受けることをおすすめしています。

不妊症の原因は、妊娠までのプロセスで何かの障害があることが考えられます。ピックアップ障害、受精障害、排卵障害等々があげられます。また、染色体に異常が発生することや、卵子の質が落ちていることもありますので卵子の質にも注視しています。不妊症は検査結果に異常が発見できない場合も多くあり、原因を特定できないことは珍しいことではないのです。しかし排卵と射精のタイミングを合わせるタイミング療法、排卵誘発剤を使用など治療方法も様々です。例えば受精障害の場合、顕微授精という不妊治療により問題を解決することができます。問題の原因を特定できない場合でも、障害をクリアできる環境が整ってきているのです。名古屋にも気軽に立ち寄れる産婦人科は多数あるため、小さな悩みでも気軽に相談してみましょう。