不妊治療は病院で検査が必要~不妊の悩みサクサク解決~

Doctor

納得のいく出産や子育て

妊婦さんは必見

OK

近年全国的にもそうですが、川崎でも産婦人科は選ばれる時代となってきています。交通の便が良い、予約制となっていて待ち時間が少ない、十分な診察をしてくれる、など、産婦人科を選ぶ決め手となるメリットが必要です。都市部に分類される川崎も例外ではなく、子供の数は減少している事実があるのです。ここ数年の間では、この傾向は変わらないようですし、今後も劇的に増加する見込みではありません。そこで、より産婦人科を選択しやすいように、川崎では妊婦健診の助成があります。特に異常がなくても、定期的に産婦人科に通うと出産までに10万円前後はかかってしまうのですが、大体それを賄えるくらいの助成があります。川崎も少子化の傾向ですから、今後も継続されるでしょう。

制度を大いに活用

具体的に川崎では産婦人科での健診に対し、14回の助成があります。21000円券が1回分、8000円券が3回分、6000円券が2回分、4000円券が8回分です。これらは、川崎市と契約がある医療機関で使用できます。また、里帰り出産など条件によっては払い戻しも可能です。また、妊娠中の生活や出産へ向けての両親学級もあり、メンタルサポートも充実しています。さらに、入院して出産に備える必要があっても、経済的に難しい家庭については、サポートする制度があります。この場合、所得制限や医療機関は指定されています。多くの人が安心して妊娠生活を送り、無事に出産できるよう、経済面から精神面まで幅広くサポートする制度が整っているのです。